チャレンジシート

「誰かが決めた目標」ではなく、「自分で立てるチャレンジ項目」だからやる気になる!

自分自身の「食事」「運動」「休養」を自分自身がチェック

 

参考:厚生労働省「健康日本21」「休養・こころの健康」

行動科学とその具体的な適用法である行動療法は、運動や食事、喫煙や飲酒など、身体健康に直接影響する生活習慣行動だけではなく、感情のコントロール、不適応的な認知の修正、対人技術や時間管理など多くの問題に有効である。これらに基づいてセルフケアを行うことが、ひとりひとりが全人的な健康を実現する助けとなる。具体的な方法としては、(1)達成可能な目標をたてる、(2)自分の行動や考えを観察、記録する、(3)望ましい行動を強化する、(4)望ましい行動をみちびくように環境を整える、など多くがあげられる。セルフケアを推進するために、行動科学の考え方や方法を普及することの意義は大きい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ページ上部へ戻る